カテゴリ:未分類( 125 )

ユキとハイノキと私


忘れかけたところで、更新してみます。

今回は少し前の季節はずれな内容から始めてみたいと思います・・・


ひさしぶりに雪が降りました
c0220543_1552820.jpg
今シーズンは暖かいのでしょうか 雪の少ない冬のなか

庭のハイノキがピンチです

朝 急いで雪を落としてきました

それにしてもよくその重みに耐えます

と言いながら そのまえに写真を1枚

そんなコトを何度か繰り返すほど 雪は降りました

とはいえ、それがたった一日のコトなので 本当に助かります

それが連日になると 大変なコトでしょう

そのぶん夏は とんでもないのですが・・・

まだ 夏のコトはやめておきましょう

まだ あの暑さは当分来ないのですから・・・

m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2015-04-14 15:54

ココロのバリア


前回 塗装の内容を記しました

そこで 道具さえ揃っていれば大変ではない なんてコト書きました
c0220543_15322619.jpg
結構これ重要だったりします

やらなくちゃ・・・と多くの方は思われるのですが

その前に まず道具を揃えてから・・・

こんなひと手間がズルズルと先延ばしにしてしまう理由になるときも・・・

ちょっとしたコトなのですが

そのちょっとしたバリアがヒトの気持ちを左右させます

それが行動になり 習慣になっていく

今回はメンテナンスの話ではあるのですが

ヒトに営みの中で自然と発生しがちな

そのちょっとしたバリアが設計をする上で重要になってきます

ヒトの気持ちの動きを感じながら 設計ってするのです

いや 本当に

m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2014-01-31 15:35

かかわり

また随分と空いてしまいました

夏と秋がスッポリと抜け落ちてしまい 年が明けてしまいました

今年もよろしくお願いします

少し振り返って秋の頃 こんなコトをしてみました
c0220543_1615383.jpg
外に使用している木部の塗装です

外部に使用されている木は雨や紫外線によって劣化していきますので

塗装をしてあげる必要がでてきます

面倒に思える塗装ですが、道具さえ揃えればそんなに苦痛ではありません

私は設計者であり多少の知識はあっても塗装の施工に関しては素人同然です

ですが、このフェンス7m程度ですが1時間強程度で塗装していきました

塗りムラの出にくい塗料を選んでいるのもあり、悪くありません

この程度のコトなら2年に1度くらいは無理なくできると考えています

やはり2年程度で塗り重ねていきたいですね

ちなみに扉の下2枚ほど未塗装の部分があります わかりますか?

2年程度 南面で雨ざらしなので 色が褪せていますね

雨にあたる水平面 (デッキなど) は材料のもっと劣化を見られるでしょう

その環境に応じた期間でメンテナンスしていきたいですね

それも大切な家との関わりであり 営みだと思ったりします

そもそも外部に木を使用するなって?

それはハウスメーカーさんにお任せします・・・

m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2014-01-10 16:19

いろいろな立場で


いろいろな立場のヒトがいます
c0220543_19341889.jpg
それらの立場だからこそ 見ることになるものがあります

私は特殊な職業という訳ではありませんが 

この職業にいるからこそ 今まで多くの住宅を見ることになりました

新築住宅であったり 古い住宅であったり 空家であったり・・・

いろいろな事情で いろいろな立場で いろいろな建築を・・・

振り返ってみると

よその住宅にズケズケと入り込み 見て廻るという経験は一般的ではなさそうです

まあ、興味本位で見ている訳ではないのですが・・・

このように一般的ではない経験を

いろいろな立場で多くのヒトが日常としているのでしょうね

一般的ってなんでしょう・・・平均的と同じような仮定としての目安

実は言葉にする必要がないようなキーワードなのかもしれませんね

そんなキーワードに振り回されたり 安心したり 時にはおどされたり・・・

こんなキーワードを乱発するヒトには注意? かもしれませんね

前回からキーワードつづきですね


m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-05-24 19:36

デリケート

今 県外に建つ二世帯住宅の図面を描いているのですが

なかなか難しい図面であり 進みが悪いです

図面を描くというのは 作業と検討という二面性を持ち合わせています
c0220543_1143442.jpg
そのループがなかなか進まないというコトで 前回休憩写真を載せてみたのですが

今回は冒頭に書いた 二世帯住宅というキーワードについて思ったコト

私もよく使う言葉ではあるのですが

単純だからこそ 強く響いてしまうこのキーワード・・・

設計する側の立場では ちょっと注意が必要な言葉だったりします

二世帯住宅というよりは 二世帯が住む住宅・・・

一緒の内容ではあるのですが

こう考えると 少し場所の考え方に巾ができたような心持がします

しませんか?

ほんの少しの気持ちのもちようで 場所づくりは影響を受けていきます

設計は結構デリケートなものなのだと 思ったりします

残念ながら、私個人はデリケートではないのですが・・・まあ、いいですか、それは


m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-05-20 11:46

逃避のワケ

また一休みしてしまいました
c0220543_13195844.jpg
仕事の進みがよくないと やっぱり気になるようで

ブログもお休みしてしまうみたいです

まったく時間が無いわけでもないのです

気分転換に平日の昼間にのんびり縁側に出てみました

こんなときは気持ちいいです

そんな時間を過ごすことが 気持ちのいい場所の設計につながると考え

ちょっと逃避してみました

のんきなものです・・・

m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-05-11 13:33

宝箱の鍵

こんな鍵穴があります
c0220543_11585336.jpg
現場で撮った納戸の鍵ですが、なかなか素敵です

ビックリマーク ! にも似ていますね

鍵の形状も宝箱の鍵を連想させる形状になっています

鍵というものを取り付ける以上は防犯を意識して選択しているのですが

防犯前提でありながらも、状況によってはこんな鍵をつけることもいいです

他の鍵とはあきらかに違うその形状 [写真はないのですが・・・]

そんな鍵を持って扉と開ける ちょっとうれしいココロの抑揚

なんか気持ちいいです

こういうのを大切にしたいと思っています

そんな宝箱のような鍵なので スペアキーも近所で簡単には作れないのですが・・・

まあ、それも防犯というコトで・・・


m-archi HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-02-23 12:01

ある日の縁側


ネコが縁側で気持ちよさそうに寝ています
c0220543_11261568.jpg
我が家の縁側なのですが 我が家にネコはいません

気持ちよさそうに寝ているだけなので

そのままにしておきました

それから ときどき見かけるようになりました

気持ちのいい場所と認めてくれるのなら

それがネコでも悪い気はしません

そんなある日の縁側でした・・・


m-arhci HP  http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-02-16 11:34

タイムマシンの作り方

こんな写真がでてきました

もう10年近く前の設計事務所に勤めていた頃の写真になります

デジカメの設定しながら試しに自分のデスクの写真を撮ったものです

各種図面 メモ 資料 辞書・・・
c0220543_16593092.jpg
ボールペン シャープ 赤青鉛筆 カッター 電卓・・・

おまけに弁当やお茶まで・・・

デスク上は頭の中を示すそうで 大変なコトになっています

一応ここはデスク横のカウンターという位置づけなので

これでも仕事はできる状態になっていたのです いい訳かな・・・

いや 言いたいのはそんなコトではなくて

旅行写真と違い

慣れ親しんだ仕事場のソレは また違ったものごとを鮮明にさせます

モノの質感 蛍光灯の灯り その場の空気や仕事の内容・・・

今とは全てが大きく違うその写真は

ふれるコトも 変えるコトもできないその確かな世界へと

私を連れ出す タイムマシンのようでした



m-archi HP    http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-02-12 17:04

木陰

太陽の光により 木陰ができます
c0220543_14522757.jpg
こういうのは無条件に好きです

夏にする話かもしれませんが

寒い季節でもいいなと思えるのは やっぱり無条件なのでしょう


m-archi HP   http://www.m-archi.net/
[PR]
by m-arch | 2013-02-07 14:57