<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自分の考えまで

実はそろそろ現場が完成に近づいているのです

最近はあわただしく、大詰めといった感じなのです

そんな頃は 多くの業種が入ってきていて

今までの色々な決定事項が最後に形となって構成されていくのです

そしてモノとしての現実と向き合うコトになるのです。

その一つ一つのモノと向き合って
c0220543_19421927.jpg
そして 自分の思いと向き合って

それが 自分の考えになっていくのでしょうか。

そんな表現しかできそうにないのです 今は
[PR]
by m-arch | 2009-11-28 19:51

見つからない本

忘れかけていた頃に

ちょっと嬉しいコトがありました

それはずっと探していた本なのです

それはすでに絶版になっていて

たまにオークションなんかで見つけるのですが

とても買えませんでした

それは3年ほど前、東京に行く用事のついで

神保町の建築雑誌が豊富な古本屋さんに行き

予約だけ入れておいたのです

そんなコトも忘れていた先日 入荷のメールが届き

ようやく手に入れるコトができました
c0220543_19541944.jpg
しかもかなりお値打ちでした

こんな出会いってうれしいですね

そんな出会いをした本

ずっと本棚の中の大切な1冊になっていくと思います

もちろん内容がとてもすてきな本なのですが

そんなプロセスがその本の隠れたスパイスになって

本棚も少しいい風景に見えます
[PR]
by m-arch | 2009-11-25 19:59

クスリ

時々お腹をこわしたりします

そんなときは、つらく かなしいものです

それが外出先だったりすると非常に困ったりするのです

ですが少し前 そんなお腹の症状を止めるクスリを買いました

c0220543_1138247.jpg

本当に効くのかな と思いながら

効いてほしい と期待しながら

そんなある日 その効果を試さなくてはいけない

そんな残念な状況が到来してしまうのです

それはバスの中 あと1時間ほど乗っていないといけません

効いてほしいと すがる思いで そのクスリを飲んでみると

うそのように症状が消えてしまいました

いや 正確に言うと 試合終了間際と思っていたら

まだ後半戦があった みたいな感じなのです

ロスタイムではなくて 後半戦ぐらい

こんなに効く薬って実は体によくないんじゃないかと思いながらも

素直に助けられました

その後 少し遠出する時にはカバンに入れているのです

とは言っても 頻繁にお腹をこわす訳ではないのですが

安心感という意味では人の行動や時には判断すら変えてしまう要因になります

このクスリの話はそれで終わり なのですが

人の心や行動に影響を与えてしまうであろうこの要因

建築の設計においても 実は十分あてはまるコトだと思うのです

建築の設計における その配慮の ある なし こそが

そこに住む家族の心や行動に良くも悪くも影響をあたえてしまうと

今回のクスリと似た要因になるのだと

まわりくどく 感じてしまいます。
[PR]
by m-arch | 2009-11-17 11:46

こんなコトもするのです

木も見に行ったりするのです

庭に植える木です

それはそれは多くの種類の木々が

その地域の広い範囲に点在しているのです
c0220543_17533347.jpg
植木屋さんと造園屋さんと私

雨の中 あちらこちらと

現場の庭を想像しながら

高さや枝振り 雌雄や木肌など

判断材料は他にも色々とあるのですが

もちろん予算という最優先の縛りの中で

慎重に一本、一本決めて行きます

ですが これが結構楽しかったりします

早く帰りたい素振りの造園屋さんをよそに

少し時間をとって見てしまいます

そんな一日でした
[PR]
by m-arch | 2009-11-12 17:57

そんな日は

その日は少しドキドキしたりするのです。

いつも通る道 中の見えない建築現場

ある日突然 シートがはずされて

そこには昨日はなかった建築物あって

「えっ」と思ったりする。

そう あれです

先日 現場の足場が撤去されました
c0220543_129170.jpg
寸法を決め 素材を決め 現場で何度も確認をしているのですが

やはりその日は少しドキドキしたりするのです

足場が外されて ようやく実感できるコトもあります

道路から見るボリューム アプローチの距離感 周辺環境との関係

そして建築物全体の形状や素材感 等々

もちろん事前に図面や模型 現場や想像で何度も確認しているのですが

やっぱりその日は少しドキドキしたりするのです。

この原因と結果のつながりを当たり前と思えるような日は

たぶん 来ないのでしょうね。
[PR]
by m-arch | 2009-11-08 01:33

日常と非日常の間で

先日 名古屋クラッシックフェスティバルに行ってきました。

その日はドイツの管弦楽団コンサート

かつてメンデルスゾーンが監督を務めた伝統ある楽団だそうです。

久しぶりに生の音楽に出会えて気持ちのよい時間でした

と言っても 趣味は音楽と言えるほど音楽通でもないのです
c0220543_18343983.jpg
そんな残念ながら通でない自分の思うコト

日常生活のなかで音楽は非常に身近で

テレビ、ラジオ、CD、車の中や、時には歩きながら・・・

そこには、色々な音があって

あたりまえの様に音楽に接することができます

ですがそれも最近のコト

少し時間を戻すと

テレビもCDも車も携帯プレーヤーも・・・

あっと言う間に消えてしまいます。

そんな時も開催されていたであろう先日の様なコンサート

それは多くの人々にとって心に残る最高のイベントだったかもしれない

そして人生を左右する出来事になったのかもしれない

そんな感動ってすばらしいですね。

知らないコトから生まれる感動が

時には知っている者が得られる感動を

越えてしまうような気がして

そんなコトが実は大切な気がします。

これは建築にいおても置き換えることができそうで

ちょっと考えてしまいました。
[PR]
by m-arch | 2009-11-02 18:51