<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ルール

先日 確認申請を出しに行ってきました

確認申請というのは建築行為をする前に

計画建築物が法をきちんと守っているか

役所や検査機関が確認するために

図面や計算書など必要書類を申請するコトなのです

コレが あの偽装事件以来 とても複雑になってしまいました

数年前のコトでしたが 今はその複雑さにも慣れてきました

複雑といっても住宅レベルではたいしたコトはないのですが

それでも色々と図面や計算や仕様書を申請する必要があります。

これが誠実な建築物を建てるためのルール変更ならしょうがないのですが

どうも 「この責任は我々にあります」 という様な書類ばかりで

ルール変更の趣旨が少し違う様な気がしています

無責任な業者が大変多いので できたルールなのか・・・

役所が責任を一切負わないためのルールなのか・・・

しかも今回の申請書類は店舗なので

住宅と違って面倒な書類が余分につくのです

とはいえルールですので、あと仕事ですから提出してきました

近い将来これが少し緩和されるみたいです

緩和というのは実務上はうれしいのですが

誠実な建築のためのルールはこれからどうなっていくのでしょうか

とりあえず自分が誠実である様に というコトで。
[PR]
by m-arch | 2010-02-18 16:03

もうひとつ京都を

京都へ行ったときの話をもうひとつ

今回はじめて下鴨神社にも行ってきました

そう世界遺産にもなっている神社です

糺(ただす)の森などもある広大な敷地にある神社です
c0220543_1254062.jpg
その楼門をくぐって正面に舞殿

共に重要文化財でとても印象に残る建築物でした

そして奥には中門をくぐって本殿

東西の本殿は国宝とのコト

本殿は写真が撮りづらいので楼門と舞殿の写真をのせておきます

ちなみに楼門の石畳の写真も一枚

なかなか おもしろいです

石の一枚一枚がずれており角が噛み合っています
c0220543_1292870.jpg
これはひと手間かかる仕事ですね

理由はわかりませんが その当時のヒトが考えた結果なのでしょう

意匠上の試みだったのか

均一な材料と加工ができなかったゆえの処理なのか

石の噛み合わせによる路面強度の工夫なのか

その様な理由であれば 表現と技術の違いはありますが

現代のヒトと同じ様なところで一生懸命考えているのだな と

何か 少しうれしいです

もし伝統的な作法か何かであれば勉強不足でスミマセン

では
[PR]
by m-arch | 2010-02-13 12:17

ムズカシイコト

忘れていました
c0220543_10501680.jpg
年末に木曽川の家の外部写真を載せたのですが

内部写真を載せるのをすっかり忘れていました

というコトでリビングの風景を少し載せてみます

気持ちのいい居場所

住宅の設計において常に意識しているコトです

ですがそのバランスを考えるのは

非常にムズカシイコトだと感じます

ああ ムズカシイ





c0220543_10515510.jpg



c0220543_1047487.jpg
[PR]
by m-arch | 2010-02-05 11:07