日常と非日常の間で

先日 名古屋クラッシックフェスティバルに行ってきました。

その日はドイツの管弦楽団コンサート

かつてメンデルスゾーンが監督を務めた伝統ある楽団だそうです。

久しぶりに生の音楽に出会えて気持ちのよい時間でした

と言っても 趣味は音楽と言えるほど音楽通でもないのです
c0220543_18343983.jpg
そんな残念ながら通でない自分の思うコト

日常生活のなかで音楽は非常に身近で

テレビ、ラジオ、CD、車の中や、時には歩きながら・・・

そこには、色々な音があって

あたりまえの様に音楽に接することができます

ですがそれも最近のコト

少し時間を戻すと

テレビもCDも車も携帯プレーヤーも・・・

あっと言う間に消えてしまいます。

そんな時も開催されていたであろう先日の様なコンサート

それは多くの人々にとって心に残る最高のイベントだったかもしれない

そして人生を左右する出来事になったのかもしれない

そんな感動ってすばらしいですね。

知らないコトから生まれる感動が

時には知っている者が得られる感動を

越えてしまうような気がして

そんなコトが実は大切な気がします。

これは建築にいおても置き換えることができそうで

ちょっと考えてしまいました。
[PR]
# by m-arch | 2009-11-02 18:51

プロフィール

実は気づいたコトがあって

プロフィール 書いていないですね。

ブログってむずかしい・・・

じゃなくて、うっかりしてました。

私は愛知県で設計事務所をしている

松尾建築設計室 の 松尾 浩二 です。

主な業務は建築の設計監理をしていて

気持ちのいい居場所を提案できたらと考えています。

前回に書いた様な「 ~の家 」 とか 「 ~住宅 」 とは書けませんが

人が色々な場面で感じる当たり前の気持ちを大切にする

そんな居場所をつくっていけたらと思っています。
c0220543_082921.jpg

ちょっと、わかりずらいですが

少しずつ伝えられればと思っています。

よろしくお願いします。
[PR]
# by m-arch | 2009-10-30 00:10

あやうい言葉の壁

あやうい名前について少し

名前やタイトルって 時に人の心を動かしますよね。

そのための 名前やタイトル みたいなところが多くあって

それが時に面白かったりするのですが

でも 時にあやうい なんて思ったりするのです。

私が設計している住宅の現場に

「 桧の家 」なんて書いてあります。
c0220543_2381838.jpg

これは工務店さんの自社宣伝のロゴなのですが

私自身は特に 桧 にこだわってはいないです。

もちろん桧は好きな材料のひとつですが

ヒバ、 杉、 松、 ベイスギ、 タモ 等々・・・

その場に応じて適当だと判断した材料を使っています。

ですが通りすがりの人が目にすると

「 桧にこだわった家なのかな 」 と感じるのではないかな と。

時に単純化されたタイトルは非常に便利なのですが

そのインパクトが本当に伝えたいコトを

邪魔してしまう そんなあやうさがありそうで

言葉って慎重に選択していかないと。

そんなコトを少し感じました。

あ、補足ですがこの工務店さん

きちんとしたすばらしい工務店さんですよ。

これ書いておかないと誤解されてしまいますね。
[PR]
# by m-arch | 2009-10-25 23:27

波照間ブルー

実は食べたのです カキ氷。

9月 彼岸を迎える少し前、

もうカキ氷に惹かれない、そんな時期に

食べたのです カキ氷。

実はその頃、沖縄に行くコトになりまして

そしてそこは最南端

もちろんカキ氷を食べに行った訳じゃないのですが

波照間島はカキ氷に耐えるほど十分暑く

この夏やり残してしまっていたそれを

おいしくいただきました。

そのカキ氷 波照間ブルー
c0220543_23332074.jpg
いいフレーズだな、と惹かれて選択。

そのとき思ったのです

この名前 あやういな って。

特にこの場合 名前で人を惹きつけています

カキ氷の名前とはいえ 軽い魔法です。

他にも名物カキ氷があるのですが

迷うことなく選択した要因は この名前

ということで次は あやうい名前で。

でも建築ブログなのです 本当は。
[PR]
# by m-arch | 2009-10-22 23:59

blog はじめました

ブログ はじめました。

なにかこの言葉、

季節の変り目に店先貼ってある 「 ~はじめました 」 みたいで、

たとえば 「 カキ氷はじめました 」 みたいな。

たとえの季節がずれていますが、

すっかり秋の今時分、こんな言葉で少し夏を思い出してみるのもいいかなと。

夏に自慢したくなるような良いコトがあった訳ではないのですが。

言いたいコトは

ブログのいい書き出しはないものかと思ったのです。

ですがタイトルどおり、なかったのです。

少し濁してみましたが、

皆さんこの夏、カキ氷 食べたのでしょうか。

突然、いいたいコトが変わってきました。

このカキ氷、意外と食べずに夏が終わってしまうコト

多くないですか。私は多いです。

このカキ氷話 ながく引っ張るほどの内容ではないのですが

せっかくなので次回にひっぱります。

実は建築ブログを書こうとしているのですが

次回もカキ氷で。
[PR]
# by m-arch | 2009-10-19 20:18