HPをつくって

HPをつくってみました  http://www.m-archi.net/

ここ数年「HPぐらいないと・・・」という話しをよく耳にしており

個人的には2~3年後くらいにできれば と思っていたのですが
c0220543_10362938.jpg
些細なキッカケからあっという間にHPができました

デジタルの苦手な私が作るのは到底無理なので

その些細なキッカケからの縁によりプロにお願いするコトになりました

さすがはプロ かんたんなアンケートと

このブログも読み込んで 私の考えなどを意識しながら

HPを制作していただきました

設計者は自分の価値観やバランスなどを大切にしながら

クライアントの考えや環境をブレンドしていくような気持ちなのですが

HPのデザイナーという立場はどういう気持ちなのでしょうか?

実は同じようなものなのかもしれませんね・・・
[PR]
# by m-arch | 2013-02-03 10:41

冬のはなし

いきなりこんな写真を載せてみます

デスクの足元にはこんな陽だまりがあります
c0220543_15455182.jpg
冬の頃 足元は気持ちのいい場所になっています

そうは言ってもゆっくり動いていくので

少し追っかけ気味に脚を動かす必要があるのですが・・・

そんなコトをしながら 午前中から2時過ぎまでは助かっています

日の沈む夕方以降は 断熱性の高いブラインドと暖房で対応します

日の入る窓は冷気も入ってくるので その対応も検討しておく必要があります

夏になったら足元が暑いのでは?

いいえ 夏には日が直接入らないような設計になっています

この話しは また夏にでも・・・
[PR]
# by m-arch | 2013-01-29 15:48

きもちのいいことば

研修に行ってきました

北欧のケアを題材にした住まい方などのレポートから
c0220543_1617073.jpg
今後の日本における住まい方を考えていく内容でした

内容は ごくあたりまえのコト

ヒトが生きていく住まいを考えるというコトにおいて

非常にあたりまえの内容でした

不満を言っているのではなく それだけ基本的な内容こそが

ヒトと住まいにとって重要なのだという再認識ができる機会でした

その研修で発見したのが 以下の気持ちのいい言葉でした

かけがえのない
ただ一人のあなたのからだとこころが
おだやかにのびのびと
くつろげる場を考えます

これは 谷川俊太郎さんのことばです

実は前後に少しまだ文章が付いているのですが

まだ自分なりの理解ができてはいないので とりあえずここだけです

この言葉の内容は 私がいつも検討しているソレにしっくりきます

このことばをみつけられたこの日は 非常に気持ちのいいものでした・・・
[PR]
# by m-arch | 2013-01-24 16:19

祝賀会にて

祝賀会に行ってきました
c0220543_11505734.jpg
建築士の講師もしている関係での出席になります

毎年自分の担当した生徒たちが合格して

直接会って笑顔で話ができる機会は

自分にとっても貴重な喜びとなります

資格の取得というのも大切ですが

苦悩の果てに得た結果 という経験こそが

生徒たちの今後にとって、十分に生かされるコトでしょう

それは生徒たちだけでなく 私自身にも言えるコトです

毎年 全く違う環境や性格の生徒たちひとりひとりをどうやって

スキルアップさせようかと苦悩します

その果ての祝賀会なのですから

私もひとごとではないのです・・・
[PR]
# by m-arch | 2013-01-20 11:54

空飛ぶ絨毯

そう 絨毯をひいてみました
c0220543_953246.jpg
そらは飛びませんが 乗ってみようという気になります

その気になって コーヒーなど飲んでも見ます

その気になって 寝転んで雑誌など読んでも見ます

その気になって・・・その場所で何かをしようという気になります

その絨毯に乗ると そこは自分の限られた世界になります

その気になってもらい その世界を気持ちよくするために・・・

そう 設計者は結構 苦悩します・・・いや、本当に
[PR]
# by m-arch | 2013-01-15 09:55